沖縄の新しい作物・琉球ヘナ

琉球ヘナとは

 ミソハギ科の植物の名。和名は、指甲花(シコウカ)・ツマクレナイノキ・エジプトイボタノキ。学名は、Lawsonia inermis。主に、マニキュアやヘナタトゥーなどの染料として古代から使用されてきたハーブである。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

 そんな植物がいつしからか沖縄に持ち込まれ、こっそりと栽培されて、沖縄の気候に合った作物への変わっていきました。

 

 私たち沖縄県伝統作物生産事業協同組合もこの取り組みに協力し、新しい伝統作物となるよう応援いたします。

琉球藍の可能性

琉球藍は、沖縄の伝統織物を支えてきた染色素材となる工芸作物です。

琉球ヘナと組み合わせることで、様々な髪の色に天然素材のみで染めることができます。

 

株式会社レイ企画では、10年前から本格的に栽培とその加工方法を研究し、沖縄県工業技術センターと製法特許も取得されました。



ダウンロード
2002オーガニック琉球ヘナ説明書冊子.pdf
PDFファイル 7.0 MB