沖縄の気候でしか育たない薬草やハーブなどの栽培も致します

沖縄は年間を通じて温暖な気候で、冬でも最低気温が10℃を下回ることがありません。

また、実は夏も日差しは強くても気温は33度を超える日も少なく、むしろ東京の夏の方が気温が高いくらいです。

つまり、寒暖の差が少なく、温暖な安定した気温を好む植物の栽培には向いていると言えるのではないでしょうか?

実際には、インド南部やスリランカでよく見られるモリンガ。ジャマイカなどカリブの国々でも食べられているヤムイモ類(クーガ芋)なども近年よく栽培されています。

クーガ芋

ジオスゲニンがヤマイモ類の中では最も多く含まれているスーパーフードです。

フーチバー

沖縄では病気を寄せ付けない草として琉球王朝時代から重宝されています。

モリンガ

戦後、海外から持ち込まれ、何十種類の栄養素が含まれているミラクルプランツの一つです。